新着情報

外壁塗装を横浜市でご検討でしたら和幸>>新着情報一覧>>外壁塗装コラム>>依頼するなら大手? リフォーム業者? 塗装専門店?

新着情報

依頼するなら大手? リフォーム業者? 塗装専門店? どの業者に外壁塗装を依頼するのがベスト?

外壁を塗り替える場合、塗装業者選びはとても重要です。しかし、外壁塗装は何度も経験するものではないため、初めての方がほとんどでしょう。だからこそ、どんな業者を選ぶべきか迷ってしまいますよね。ここでは大手ハウスメーカー、リフォーム業者、塗装専門業者に依頼した場合について、それぞれのメリットと注意点について検証します。

 

外壁塗装を手がける3つの業者を比較検討してみよう

外壁塗装を手がける業者には大きく分けて3つあります。ひとつは大手ハウスメーカー。この場合は、そのメーカーが建てた住まいが塗装の対象になります。次に外壁塗装だけでなくリフォーム全般を手がけているリフォーム業者、そして地域に密着したサービスを展開する塗装専門業者です。

 

実際に大手ハウスメーカーで建てたなら、同じ会社で塗り替えてもらったほうがその物件を知り尽くしているだけに、失敗なく施工してくれるだろうという安心感があります。またリフォーム業者なら外壁だけでなく、内装や設備のリフォームまで一手に引き受けてもらえて頼もしいでしょう。塗装専門業者は小さいかもしれませんが、小回りが利いて、しかも塗装の専業だから品質も高いのでは? そう考えると益々どこに頼めばいいか迷ってしまうかもしれません。

 

 

それぞれに一長一短。価格をもとに判断!?

選択基準を“価格”にして考えるとスッキリします。もちろん安ければよいというわけではありません。要は価格対品質、コストパフォーマンスを最大限発揮できる業者はどこかということです。こちらではそれぞれの特色を表にして比較しました。

 

【価格の決まり方から見た各業者の特徴】

  価格傾向 コスト
パフォーマンス
理由

大手
ハウスメーカー

高い 比較的低い どちらも実際の仕事は下請けの塗装業者が行うので、当然中間マージンが発生し、その分、工事費の総額が高くなります。また、こうした大手は広告宣伝や営業に力を入れている分、それらにかかるコストが価格に反映されます。

リフォーム

業者

塗装専門業者 比較的安い 高い 塗装業者に直接依頼すれば大手のようにマージンが発生しないため、最大数十万円程度も安く上げることができます。しかも塗装専門のため施工品質、仕上がり品質ともに期待できます。

 

このように見てくると、価格対品質の点では塗装専門業者に軍配が上がるのではないでしょうか。しかも、大手ハウスメーカーやリフォーム業者の場合、担当窓口が現場を知らない営業マンである場合も多く、その点でも不安が残ります。

 

ただ、大手は保証などが手厚く、保証期間も長い傾向にあり、そうした面ではアドバンテージがあるといえるでしょう。専門の塗装業者は、腕は良いものの、大手のような宣伝力などがないためアピールが弱く、業者選定の際にリストに上がりにくいといった面もあります。そのあたりを注意しながら、住まいに合った業者を選ぶようにしましょう。

 

大手が安い見積もりを提示してきたら要注意

先に大手は費用が高くなると述べましたが、見積もりの段階ではこうした元請け会社でも低い金額を提示してくる場合があります。このような業者の場合、多くは下請け業者に出す外注費を削っています。そうすると限られた予算しか与えられなかった下請け業者は施工工程を省略(手抜き)したり、グレードの低い塗料を使ったりして帳尻を合わせようとします。一概にはいえませんが、大手なのに見積もりが安いといった場合は、このようなことが考えられるので要注意です。

 

自社一貫施工のメリット

下請けを使う大手とは異なり、塗装専門業者は自社で一貫して施工を行うことが多く、費用がかさむ原因となる中間マージンがないことをアピールしているのが特徴です。しかも経験豊富で職人気質の腕のいいスタッフを自社で抱えているので、施工品質、仕上がり品質ともに優れています。打ち合わせなどもそうした職人や現場監督、社長と直接行えるので行き違いによるミスがありません。もちろん塗装の色合わせもこうした専門家と詰めたほうが得策です。

 

いかがでしたでしょうか。まさに三社三様、それぞれにメリットと注意点がありますので、よく吟味して選びましょう。

 

 

Copyright ©  和幸ホームテック All Rights Reserved.