新着情報

外壁塗装を横浜市でご検討でしたら和幸ホームテック>>新着情報一覧>>外壁塗装コラム>>外壁塗装しているときの生活

新着情報

外壁塗装しているときの生活

外壁塗装するのはいいけれど、「施工中は普段通りの生活ができるのか不安?」という声をよく聞きます。確かに最近の外壁用塗料は安全性も高く人体にも無害ですが、気になるのはやはり臭い。また塗料の飛散も心配です。そんな皆様の不安にお答えします。

 

家の中で普段通り過ごせる?

リフォームのように室内空間やインテリアに手を入れるような工事と違って、外壁塗装は、基本的には普段とそう変わらない生活を送ることができます。もちろん、仮住まいを用意してそこで暮らさなければいけないといったこともありません。ただし、塗料を扱うことや足場を組む必要があることなどから、施工期間中は多少の環境変化を覚悟する必要があります。

 

窓は開けられる?

最近の外壁塗料はどれも安全性の高いものばかりで、人体にも無害です。しかし、問題はその臭い。施工中は溶剤独特の臭気が家の周囲に立ち込めるので、窓を開けておくと当然室内に侵入してきます。また、わずかながらですが塗料が飛散するので、室内を汚さないためにも窓を閉めておくのが得策です。さらに、施工前、施工後には足場を組むのでその作業音も気になるところ。換気程度なら大丈夫ですが、やはり工事が終わるまで窓を閉めた状態にすることをおすすめします。

 

エアコンは使える?

前述のように、工事期間中は窓を締め切った生活になります。しかし、これが冬なら問題ありませんが、夏場は外気を取り込むことが難しくなるため、どうしてもエアコンを使わないと過ごせなくなります。そこで生じるのが「施工中にエアコンは使えるのか?」という疑問。でも、ご安心ください。第一に、外壁塗装では室外機を外したり、移動したりしません。また、足場を組む際も、室外機のある場所を上手に避けるようにするので、エアコンの稼働には一切支障がありません。

                                  

留守にしても大丈夫?

意外かもしれませんが、外壁塗装の施工期間中は空き巣に狙われる可能性が高くなるので要注意です。なぜなら、塗料飛散防止用のネットやビニールが家の周囲に貼られることで、外部から死角になる部分が増えるからです。言い換えると、家の中の様子がわかりにくくなる、ということ。空き巣はこういう条件を好んで犯行に及ぶ傾向があるので、工事期間中はいつもに増して戸締まりを厳重に。作業員のいなくなる日曜日は余計に気を付けたいところです。

 

洗濯物は干せる?

結論としては室内干しをおすすめします。理由はやはり臭気の問題。塗料や溶剤の臭い移りの心配があるからです。また、どんなに作業員が注意していても塗料の飛散は避けられないため、洗濯物を汚してしまうリスクもあります。こうした事態を招かないためにも洗濯物は室内に干すのがよいでしょう。しかし、生乾きのイヤな臭いが気になる、そもそも干せるだけのスペースがないといった懸念もあるでしょう。こうした場合は、室内干し専用の洗剤を使う、一度に洗濯する量を減らすなど対策を講じてみましょう。

 

部屋が暗くなる? 風通しが悪くなる?

塗料飛散防止用のネットはメッシュ構造をしていて、ある程度の透過性や通風性が確保されていますが、それでも何もない状態と比べれば部屋に届く光は少なくなり、風通しも悪くなります。かといって、このネットがなければ、塗料が飛散してご近所の家や車などを汚してしまいます。そうなると補償問題にもなりかねないばかりか、その後のご近所付き合いにも悪影響が。やはり多少の我慢を強いられるかもしれませんが、こうしたリスクを避けるためにも施主様にはご理解、ご協力いただきたいところです。

 

騒音は出ない?

塗装作業では気になるような音は生じません。しかし、足場を組む際は、ハンマーを使うのでカンカンと甲高い音が発生し、塗装前に行う高圧洗浄のときの噴射音も意外と大きいものです。ご近所には相応のご迷惑をおかけすることになるでしょう。和幸ホームテックでは足場組みや高圧洗浄に伴う騒音についてはもちろん、塗装についても施工前にご近所を回ってご挨拶し、詳細をご説明するようにしているのでご安心ください。

 

 

Copyright ©  和幸ホームテック All Rights Reserved.