外壁塗装アドバイス 見積書の見方と考え方

外壁塗装を横浜市でご検討でしたら和幸 >> 見積書の見方と考え方

気になる費用内訳の実態

考える女性イメージ

再確認!見積書の見方

見積書には専門用語が多く、わかりにくいものです。
見方に誤りがあると、そもそも外壁塗装に必要な作業が含まれておらず別途オプションで加算させられることとなり、相見積もりで安いほうを選んだはずなのに結局高くついてしまうことも。
業者によっても盛り込まれている項目がまちまちなので、見方を理解しておくとオプションかどうかもわかり、相見積もりで失敗しない判断ができるようになります。

また、「○○一式」など内訳が詳細に記載されておらず不明瞭な場合、実は実際にかかる金額より多く請求されていた、といったこともなきにしもあらずです。

こちらでは見積書のサンプルをもとに解説しています。
「ある程度はわかる」という方も、再確認のつもりでご確認ください。

他社の見積書診断もいたします!!
はじめて外壁塗装をされる方にとって、見積書の見方はとても気になるもの。 「この金額は適切なのか」 「何か抜けているものはないか」 「不必要なものが見積もりに入っていないか」 そう気にされる方もこれまでたくさんいらっしゃいました。 和幸ホームテックは、他社の見積書が適切かどうか、お客様に代わりましてチェックすることもできます!複数社相見積もりをとってみたけれど、業者によって金額がバラバラで果たしてどう比較したらいいのか分からない、という方に大好評いただいております! 当社は相見積もりも大歓迎ですので、詳しくご説明にもお伺いいたします。 気になることがありましたらお気軽にご相談ください。しつこい営業などは一切排除しております。 無料現場調査・お見積もり【フリーダイヤル】0120-89-2349 【受付時間】9:00~19:00(日祝除く)

ページトップに戻る

知っておきたい!お金の考え方

お金イメージ

「同じ外壁塗装なら安いほうがいい」とお考えの方は少なくないと思います。
ですが、その“安い”には必ず何か理由があります。
「自社の利益を削って」ということも考えられますが、そこは企業。
やはり「利益を削る」というのは考えづらいでしょう。

「安い」という謳い文句には要注意!

よく削られるのが、人件費。
少ない人数で作業を行うことにより人件費を抑えられ、その分安く提供できることがメリットですが、その反面品質を保つのが難しくなります。
明らかに作業効率は落ちるものの、スケジュールどおりに作業を進めなくてはならず……そうなると、どうでしょう。
作業に手抜きが発生し、やり直しが生じたり塗装の持ちの悪さから塗り替えまでのスパンが短くなったり……結局高くついてしまうことも。

お金がかかるのにはそれなりの理由がある、ということを今一度心に留めておきましょう。

将来を見据えた塗装計画を

使用する塗料のグレードが高ければ高いほど金額も当然高くなりますが、高品質の塗料にはそれ相応のメリットがあります。
耐久性に優れているため、長持ちし、塗り替えの回数が少なく済むのです。

たとえば、一度の費用を抑えるためにグレードの低い安価な塗料を使ったとしましょう。
その場合、一度の費用は当然抑えられますが、塗り替えまでの期間が短く、必然的に塗り替え回数が多くなってしまいます。
結局、ある程度のグレードの塗料を選んで塗り替え回数を減らしたほうが経済的、ということになるのです。

塗料のグレード比較

少し高くてもグレードの高い塗料を選んだほうが、効果の維持が期待でき、トータルで塗り替えの費用や手間を抑えることができるのです。

ページトップに戻る

Copyright ©  和幸ホームテック All Rights Reserved.